今や十和田のにんにくは、全国第1位の作付面積を誇り、日本一の産地となっています。

これまでの道のりを振り返ってみましょう。

十和田市の農家は、米余り現象の対策である減反政策が本格化した昭和45年頃、米に代わる作物を探していました。

そんな中、知恵を借りるため畑作園芸試験場(青森県五戸町)に問い合わせたところ、田子町でにんにく栽培に取組んでいることを知ります。

田子町は、馬淵川が度々氾濫することから肥沃な土壌が形成され、その氾濫された地域に限定してにんにくが栽培されていました。

にんにくの栽培環境には、肥沃な土が欠かせません。肥沃な土壌なら、十和田市も負けていませんでした。

当時から、馬や牛を飼育する農家が多かったことから、堆肥が豊富にあるほか、人工河川稲生川上水の三本木原開拓以来、稲作を基本として発展し、広大な土地を有しており、気象条件も冷涼、寒暖の差も大きくにんにく栽培には、好条件だったのです。

栽培方法を学ぶため、畑作園芸試験場に若手農業後継者が集まり、十和田の土壌でにんにく試験栽培をスタートさせました。

この若手農家達の地道な試験栽培等により得られた栽培技術は、今日の「十和田にんにく」の基礎をつくることとなり、にんにく栽培が本格化していきました。

その後も栽培技術の向上で作付面積が拡大。

乾燥機の導入による品質の向上、ウィルスフリー種子の配布により生産力が増強、さらには、冷蔵貯蔵施設の導入で周年販売が可能になるなど様々な努力によって日本一の産地が築かれたのです。
 
※「県産にんにくのあゆみと展開方法」(上北農林水産事務所所長工藤洋一氏著)及びJA十和田おいらせ農業協同組合やさい販売課のヒアリングした内容をまとめたものです。
青森農林統計協会発行園芸作物統計より